一般財団法人 アジア総合研究機構(栗原財団)

松本健一連続セミナー第1回を開催しました。

2012.10.23

本連続セミナーは、毎回2名のゲストを招き、松本健一氏との鼎談形式で行います。
シリーズ第1回は「安全保障と経済協力」をテーマとし、国際政治学者の西原正氏、経済学者の原洋之介氏をお招きし、各々の専門分野から時代を見据えた活発な論議が展開されました。

特に、日中の問題については、尖閣諸島の問題をについて、歴史的な経緯から、現在の両国の立場と国内情勢、米国とのパワーバランスのなど、多面的な視点にから解説が行われ、今後の課題と問題点が浮き彫りにされました。
また、アジアにおいて、もっとも早く西洋的な近代国家となり、今日に至っている日本が、アジアの中で果たすべき役割についても、論点の整理が行われました。